医療保険に入るべき人とは?保険のビュッフェで知った真実

保険のビュッフェ,口コミ
医療保険に入った方がいい人、入るべき人とはどんな人なのでしょうか?保険のビュッフェのFPの方がお勧めしていた医療保険に入るべき人について説明していきたいと思います。医療保険に入ろうかどうか迷っている人は参考にしてください。また、保険のビュッフェのFPの方に教えてもらった驚くべき真実についても大暴露したいと思います。

 

 

医療保険に入るべき人とは?

  • 貯蓄が少ない人
  • 自営業の人
  • 入院したときに不安になると思う人
  • 日本の社会保障制度が崩壊すると思っている人

 

なぜ上記の人は医療保険に入るべきなのでしょうか?

貯蓄が多ければ医療保険に入るべきじゃない?

保険の位置づけはあくまでリスクを回避することです。医療保険の場合はケガや病気の長期入院で必要経費がかかる、仕事ができなくなって収入がなくなるなどのリスクが考えられます。しかし、それを補うお金を持っているのであれば入る必要がないというわけです。

 

そもそも健康保険に入っている人は3割負担と高額療養費制度があるので支払い額に上限があります。貯蓄が十分にある人は医療保険に入らなくてもいいかもしれません。

 

自営業の人は医療保険に入った方が安心?

自営業の人はなぜ医療保険に入った方がいいのでしょうか?実は会社員の人には傷病手当金という所得保障制度があります。会社員がケガや病気などで働けなくなったときに支給される給付金です。会社を休んで4日目から1年半までが支給期限で、その間は給料の2/3が毎月支給されます。

 

しかし、自営業者・個人事業主は、傷病手当金がありません。つまり、自営業の人はケガや病気で収入がなくなるリスクがあるということです。ですので、自営業者の人は会社員の方より保険を手厚く入っておく必要があるかもしれません。

 

精神的に弱い人は医療保険に入るべき?~ケガや病気で人は弱気になる~

ケガや病気で入院をしたときに病気がいつ治るか?治療費がどれくらいかかるか?病気が長引くと仕事ができなくなるのでは?と多くの不安に襲われます。そんなときに医療保険からお金がが支払われると精神的に楽になるというメリットがあります。精神的に自分は弱いなぁと自覚がある方は医療保険に入っておくと安心かもしれません。

 

 

日本の社会保障制度が続かないと医療費は上がる!

少子化が進むにつれ、社会保障の財源が現在のように確保できるかは非常に疑問です。今後、現在のように自己負担が3割、高額療養費制度などが今のまま続いていくのは難しいでしょう。将来のことは誰にもわかりませんが、もし今後医療費の引き上げがあることを想定した場合、医療保険に入っておくことで自己負担を減らすことができます。

 

 

保険のビュッフェ,口コミ

保険のビュッフェ,口コミ

 

 

 

保険のビュッフェで医療保険の相談してわかった真実とは?

年代別での入院する割合(確率)

年齢

入院する確率

20~24歳

3.6%

25~29歳

4.1%

30~34歳

5.5%

35~39歳

5.8%

40~44歳

5.3%

45~49歳

6.6%

50~54歳

8.3%

55~59歳

9.9%

60~64歳

15.1%

65~69歳

20.8%

70~74歳

28.4%

75~79歳

31.2%

80~84歳

38.2%

85歳以上

42.2%

60歳までは入院する確率が低いので医療保険に入らなくてもいい?

20代~60代までの入院する割合を見てみると約10%以下でした。つまり、ほとんどの人が入院をしないということです。保険はリスクをなくすために入るものなので必要という考え方もありますが、そもそも確率が低いのであれば保険に入らずにその分を貯蓄に回すという考え方もあると教えてもらいました。

 

医療保険は定期ではなく終身もしくは終身に近い掛け捨てがオススメ

保険全般に入れることですが、定期の保険だと定期的に見直しや更新が必要になります。ケガや重い病気などに一度なってしまうと保険料金が跳ね上がります。ですので終身タイプもしくは80歳~90歳くらいまでの掛け捨てなどがオススメと教えてもらいました。

 

 

保険のビュッフェ,口コミ

保険のビュッフェ,口コミ

 

 

保険のビュッフェで教えてもらった実質0円の医療保険とは?

60歳までに入院する確率が10%以下でほとんどの人が60歳以上にならないと使わない事実がわかりました。ただ、そんな意見があって作られた保険があると教えてもらいました。支払額が実質0円の保険があるというのです。実質0円の医療保険とは?

 

払い込んだ保険料の使わなかった分が給付金として返金される

所定の年齢までに払い込ん保険料が60歳、70歳に全額返金されます。もちろん入院給付金をもらわなかった場合が全額返金ですが、仮に入院給付金をもらっていても払い込んだ額より低い金額しか給付されていない場合は差額が返金されます。つまり、一時は手元からお金がなくりますが、最終的に絶対にお金が返ってくるので実質0円というわけです。これを老後の資金に充てることもできます。

 

全額返金された後も医療保険には入り続けられる

給付金として全額返金された後は医療保険に入れないと心配される人がいますが、それも心配ありません。給付金をもらった後も毎月の支払いを続ければ医療保険に入り続けられます。ただし、給付金をもらった後からは掛け捨てになります。継続して医療保険に入れるので高齢だからと断られることもなく安心です。

 

ガン保険にも同じタイプの実質0円の保険がある

なんとこの実質0円の保険がガン保険にもあります。70歳で払い込んだ保険料が給付金として全額返金されます。私はガンにならない。ガン保険に高いお金を払うのはもったいないと思っている方にはぴったりな保険です。

 

 

保険のビュッフェ,口コミ

保険のビュッフェ,口コミ

 

 

保険のビュッフェで医療保険の相談をした人の口コミ

貯蓄がないので、保険のビュッフェで医療保険に加入しました。

評価

相談場所

年齢/性別

保険のビュッフェ 口コミ

宮城

26歳/女性

医療保険の必要性や入院の確率の低さなどを保険のビュッフェのFPさんに教えてもらいましたが、私は貯蓄もあまりなく、もしものときを考えると怖いので、医療保険に加入しました。これで安心です♪

 

旦那は医療保険に入らなかったけど、私は保険のビュッフェで入りました

評価

相談場所

年齢/性別

保険のビュッフェ 口コミ

埼玉

33歳/女性

旦那は医療保険に入らず、妻の私だけ入りました。やはり入院する確率がほとんどなくその分を貯蓄する方がいいという判断をしました。私は女性特有の病気などを考慮して加入することにしました。

 

保険のビュッフェで医療保険に入れなかった!

評価

相談場所

年齢/性別

保険のビュッフェ 口コミ

東京

37歳/女性

医療保険を乗り換えようとしましたが、直近で手術履歴があったので入れませんでした。新規の申し込みが通ってから現在入っているものを解約するようにFPさんにアドバイスしていただいていたので助かりました。無保険状態になるとこでした。危ない危ない。

 

医療保険は無駄だと思うけど、先進医療特約はほしい!

評価

相談場所

年齢/性別

保険のビュッフェ 口コミ

大阪

31歳/男性

現在41歳で仮に病気になったとしても貯金でなんとかなるし、年を取ったら医療費の自己負担額も下がるので魅力を感じません。ただ、先進医療特約はほしいので、入院一日3000円の掛け捨ての医療保険に先進医療特約をつけて契約しました。

 

ガン家系なので医療保険・がん保険に加入しました

評価

相談場所

年齢/性別

保険のビュッフェ 口コミ

奈良

30歳/男性

父親が胃ガン、おじいさんも肺ガンになっているので私も入ることにしました。保険のビュッフェのFPさんに先進医療もめちゃくちゃ安くオプションでつけられると教えてもらい、迷わずつけました。ガンにはなりたくないけど、これで精神的には安心です。

 

 

保険のビュッフェ,口コミ

保険のビュッフェ,口コミ

 

 

医療保険に入るべき人とは?保険のビュッフェで知った真実まとめ

医療保険に入るべき人をご紹介しました。

  • 貯蓄が少ない人
  • 自営業の人
  • 入院したときに不安になると思う人
  • 日本の社会保障制度が崩壊すると思っている人

 

当てはまる場合は検討してみることをお勧めします。

 

また、保険のビュッフェのFPさんに教えてもらった医療保険の真実として、入院する確率の低さを大暴露しました。入院する確率が低いとはいえ心配な人向けに実質0円の払い込んだ保険料が全額返金される医療保険の存在も教えてもらいました。しかも、がん保険にも同じ実質0円の保険があることも教えてもらいました。

 

これらを踏まえて医療保険については検討してみてください。ただし、やはりリスクを回避する手段として保険は有効なので総合的に判断することをお勧めします。

 

 

保険のビュッフェ,口コミ

保険のビュッフェ,口コミ